わたし、シーズン2

読書が趣味の30代主婦。きままな読書感想文を中心に日常を綴っています。家族は、夫と娘と元保護犬の愛犬ミィ。

MENU
ベネッセのDM止める方法
おすすめスープジャー
歯医者さん
ブログカスタマイズカテゴリー

『お母さんという女』おかあさんあるあるが満載!私も娘、母も娘なんだと気が付いた

f:id:egaode_kurasu:20210227133517p:plain

益田ミリさんが「お母さん」を書いたエッセイです。

 

”明るい大阪のおばちゃん”そんなお母さんの中には、子供を愛する気持ちがたくさん。

 

そして、そのお母さんもまた「娘」なんですよね。

 

娘はどうしても母親に対して少し厳しめで、母の「嫌だなぁ」って思うところに目がいってしまうけれど、

 

私の母だって(益田さんのお母さん同様)よく笑うし、お花がスキだし、クイックルワイパーの表も裏も使う。

 

最初は、益田さんとお母さんのエピソードがおかしくもあり、愛されて育ったことがとてもよく分かって、ちょっぴり羨ましい・・・なんて思ったけれど、

 

読み進めるうちにそれだけではなくて、うちのオカンだって、(多少不器用でも)私を大切に育ててくれたハズ。そう思うと、私の母も愛すべき母なわけで。

 


本書の母の日のエピソードが、私にとってとても心に残っています。

 

ネタバレはしませんが、いつも優しく何をもらっても嬉しそうにするお母さんが、いつもと違う反応だった母の日。

 

あぁ...あぁいう事うちの母も言ったな...とて思い出すと同時に、母も人間なわけで、いつもいつも私が期待するリアクションが出来るわけではなくて、

 

そりゃしんどい時や、嫌なことがあった時は、嫌味の1つくらい言うか・・・と、なんだか改めて思ったのであります。

 

母がわがまま言ったり、嫌味をブッこんできたり、キツイこと言ってきたり、何事も私が手伝う前提で当たり前にように話してくるのも、

 

娘の私を信頼しているからなんだろうと・・・思いたい・・・・思うようにしたい。

 


実家に帰った時に「あんたコレ好きやろ~」って、ピザポテトを買い置きしていた母。(私がピザポテトを好きだったのは中学生の頃・・・)

 

私のあげたストラップを、もうボロボロなのにつけている母。

 

そして、世界でたった1人の母。

 

今まで、気が付きもしなかったけど、こうした小さな母の行動を想うと、胸がチクっとした。

 

もっとおおらかな気持ちで接してあげなければいけないな、と反省。

 

母の嫌いなところ、子供の頃に凄く嫌だった事はたくさんあるけど、あの頃の母は今の私と同じ30代。

 

きっと彼女も色々な葛藤とか寂しさとか、そんなのがあったんだろう。

 

今なら分かる。

 

自分だっていろんなことがあって、いつだって笑顔で過ごせなかった。

 

子供に対してキツくあたってしまった事もあった。

 

きっとあのころの母だってそうなんだろう。

 

私の事が嫌いだったわけでもなく、大事じゃなかったわけじゃない。

 

だからもう、そんな過去に執着しなくていいんだよって自分に対して言ってあげたくなりました。

 

おもしろエピソードが書かれているはずのエッセイなのに、ところどころジーンとさせてくれたり、「母と娘」を改めて考えさせてくれます。

 

いつかは別れがやってくる。

 

その時に、後悔しないように「お母さんという女」を(嫌味を言い合いながらでも)出来るだけ大切にしてあげたいと、このエッセイを読み終わった後、思いました。(#益田ミリ)

* この本の感想を書きました *