わたし、シーズン2

読書が趣味の30代主婦。きままな読書感想文を中心に日常を綴っています。家族は、夫と娘と元保護犬の愛犬ミィ。

MENU
ベネッセのDM止める方法
おすすめスープジャー
歯医者さん
ブログカスタマイズカテゴリー

『100万回生きたねこ』きっとどんな感想も正解だと思う

f:id:egaode_kurasu:20210227134739p:plain

夕食を食べた後、祖母はTVを見ていて、母は机を拭いていて、私は食器を洗っていたときのこと。娘が絵本を読み始めました。

100万年も しなない ねこが いました。100万回も しんで 100万回も 生きたのです。

私も娘も大好きな「100万回生きたねこ」 。娘は読みつづけ、大人は手を止めて聞き入ってしまいました。

 

・・・・・・ねこは もう けっして 生きかえりませんでした。

 

何度も読んだことがあるのに、自分が読んであげるのとは全く違った印象でした。

読み終わった娘に「なんで、ねこはもう生き返らなかったんやと思う??」と聞いてみました。

 

娘(7歳)「白いねこが大好きだから。」

祖母(94歳)「もう疲れたんやないん?」
母(58歳)「一生懸命生きたからじゃない?」


きっとどれも正解なんだと思います。人それぞれの解釈で。それが絵本のすばらしさだと思います。

何度となく読んだ本だけど、改めて考えさせられました。

何度生まれ変わっても、他人から見れば幸せそうでも、自分が幸せだと思えないと満たされない。 

でも、逆に他人から見れば必ずしも幸せだと思えないような生き方でも、自分が幸せだと思えたら幸せなんだろうな。

全ては自分次第。命には限りがあって、だからみな苦しくても一生懸命生きるんだろう。幸せを求めて。 

何度も何度も人生が繰り返すなら、1回の人生に対する"一生懸命度"が違ってくるんじゃないかな??1回きりだからきっと必死に生きられるんだろう。 

命には限りがあるし、人生は1度きりだけど、人間はその人生の中で何度だってやり直せる。自分次第で。たった1度の人生だから、大事に生きていかなきゃね。(#佐野洋子)

* この本の感想を書きました *