わたし、シーズン2

読書が趣味の30代主婦。きままな読書感想文を中心に日常を綴っています。家族は、夫と娘と元保護犬の愛犬ミィ。

MENU
ベネッセのDM止める方法
おすすめスープジャー
歯医者さん
ブログカスタマイズカテゴリー

『爪と目』"あなた"がネットの世界にのめりこんでいく様子がリアル

f:id:egaode_kurasu:20210126114148p:plain

第149回芥川賞受賞作です。

......なんだろう。読み終わった後のこの感じ。私の勝手な想像で子供が虐待されるのかと思っていたのですが、違っていました。

2人称は、違和感もなくスッと入ってきたのですが、とにかく想像力をフル回転させる本でした。

3歳だった「私」が淡々と語っていきます。”悪人”は1人も出てきません。出てくるのは無関心な人々です。きっと現代社会において特別ではない、ただ無関心な人。

"あなた"がネットの世界にのめりこんでいく様子はリアルでした。

レンズを通してじゃないと、このリアルな世界が見えない"あなた"と、人を傷つけてしまうギザギザの爪の"私"。

最後のシーンの意味は、目がいい"わたし"が「私の見えている世界を見せてあげる」と言いたかったのかな。それとも...子供の残忍さみたいなそんなものなのか...と、想像したけど著者の真意は分かりません。それも面白さなのだと思いました。

同時収録されている「しょう子さんが忘れていること」と「ちびっこ広場」もそれぞれに想像してね、的な感じでした。

コンタクトレンズをしている人は、イタタ・・・って感じかも。(私はコンタクトレンズを入れたことがないのでわからないですが...)(#藤野可織)

* この本の感想を書きました *