わたし、シーズン2

読書が趣味の30代主婦。きままな読書感想文を中心に日常を綴っています。家族は、夫と娘と元保護犬の愛犬ミィ。

MENU
ベネッセのDM止める方法
おすすめスープジャー
歯医者さん
ブログカスタマイズカテゴリー

『頭のうちどころが悪かった熊の話』シュールでスパイシーな大人の寓話集

f:id:egaode_kurasu:20210125220755p:plain

表紙買いした1冊。2007年に買って何回も読んでいる本です。

 

不思議なことに、読む時の自分の状況とかで感じ方が変わります。動物が主人公の7つの短編集です。

頭のうちどころが悪かった熊の話 感想

シュールな大人の童話という感じ。

 

表紙の絵がかわいいのもあり、ほんわか系を想像していると...いい感じに裏切られます。


「ないものねだりのカラス」という、カラスがシラサギにあこがれる話があります。

 

カラスはとても天邪鬼で、本当は仲良くなりたいのに口を開けば悪口。 

 

だけど仲良くなれるように努力します。

 

小鳥のさえずりを胸いっぱいに吸い込めば、きれいな明るい言葉となって口からあふれるかもしれないと思ったのに...にぎやかで華やかなおしゃべりは、心からの言葉とは違っていて。 

 

それでも、シラサギの優しさに触れるのですが、皮肉で儚い衝撃のラストです。

 

ただ、それを人間に当てはめてみてもしっくりくるんですよね。

 

気持ちは変わってしまうのかもしれませんが、ないものばかりを追い続けると、本当に大切なものが見えなくなってしまうのかもしれません。

 

 

「ヘビの恩返し」というお話では、ヘビのお父さんは”カコの実”を食べてしまい過去の事しか考えられなくなります。

 

そして「過去の俺は、ぼうや(息子のヘビ)が小さい頃、ちゃんと構ってやれなかった。でも、あの日のぼうやはもうこたえてくれない」と嘆きます。 

 

お母さんヘビは”ミライの芽”を食べてしまい未来の事ばかり考えます。

 

そして「過去には戻れない。けれど、未来に向かっていくことはできるの。未来ってなんて素敵なんでしょう」と明日に向かって行ってしまう。

 

 そして、息子ヘビは「過去も未来も本当のボクじゃない。今のボクだけが本当のボクなんだから今のボクとちゃんと向き合ってほしい」とお父さんヘビに言う。

 

いろんなとらえ方があると思うのですが、親という立場に立ってみると、子供が小さい頃は、希望を込めた未来をたくさん想像し、いざ子供が大きくなると、「あのときにもっと、こうしてあげればよかった」って思う。 

 

小さな小さな靴が異常なほど、愛おしく感じる。

 

でも、本当に大切なのはやはり「今」なんですよね。

 

過去から学び、未来につなげる「今」を大切に生きていきたいと思います。

 

"意味なんてもの、もともとないんだ。生きていくのに、意味なんていらないんだ。 ただ生きているだけでじゅうぶんなんだ。"(#安東みきえ

 

* この本の感想を書きました *