わたし、シーズン2

読書が趣味の30代主婦。きままな読書感想文を中心に日常を綴っています。家族は、夫と娘と元保護犬の愛犬ミィ。

MENU
ベネッセのDM止める方法
おすすめスープジャー
歯医者さん
ブログカスタマイズカテゴリー

『まともな家の子供はいない』主人公たちの気持ちは、あのころの私の気持ち

f:id:egaode_kurasu:20210128094440p:plain

心に刺さるタイトルです。受験を控えた中学3年”セキコ”を中心に進んでいく「まともな家の子供はいない」と、セキコの同級生を中心に進む「サバイブ」の2話収録。

子供と大人の境目にいる主人公達の気持ちは、あの頃自分と一緒だ。とにかくセキコはイライラしている。私は大人になった今でもイライラしているけれども(汗)、あの頃のイライラはまた特別だった。

そのイライラは主に大人に向けられる。なにかこう、大人を汚いと感じる。卑怯だと思う。自分はあんな風になりたくないって思う。でもそんな大人の世話にならなければ自分はまだ生きていけない。中学生だったあの頃はそんな自分にもイライラした。


自分の家にいたくない。居場所がない。だけどお金がない。


子どもって大変だよね。学校には嫌な奴がいても行かなければならない(と思っている)し、お金を稼ぐことだって難しい。そして...汚いと思っている大人(親)がいないと生きていけない。 

私はもうすっかり大人になって、セキコと違いカフェに行くお金もある。もし家に帰りたくなければ、どこかに泊まることもできる。嫌な奴がいても、無理して付き合わない選択が出来る。仕事が嫌ならば、辞めて他の所を探すことだってできる。宿題を写さなくたっていい(笑)あぁ・・・大人って自由だ。

それもこれも、子供の頃に逃げ出せず苦しかったり、無力な自分に絶望して深く悩んだりした...そんな事へのせめてものご褒美なのかもしれない。そう考えると大人バンザイ。

・・・と、登場人物の子供たちに教えてあげたい。(大人ならではの大変さもあるんだよ、というのを付けくわえて(笑))

そして、自分の娘もあと数年で思春期に入り、こうした大人に対しての気持ちを持つこともあるだろう。親を鬱陶しいと思うときもあるだろう。なんの力もない、お金もない...そんな自分にイラつくこともあるんだろう。そんな時は、ぶつかりながらもそのイライラを受けとめてあげようと思う。

だけど、自分の家を「居心地が悪い・居場所がない」と我が子が思うようなことは、親としてしたくないと思う。

少し大人に近づいた大学生の沙和子の言葉「長くは続かない」。その短い言葉に凄く救われた気がした。(#津村記久子)

* この本の感想を書きました *