わたし、シーズン2

読書が趣味の30代主婦。きままな読書感想文を中心に日常を綴っています。家族は、夫と娘と元保護犬の愛犬ミィ。

MENU
ベネッセのDM止める方法
おすすめスープジャー
歯医者さん
ブログカスタマイズカテゴリー

『花宵道中』情景や着物の柄さえもが・・・ふわぁ~っと浮かぶような見事な描写

f:id:egaode_kurasu:20210308151209p:plain
第5回女による女のためのR-18文学賞で大賞と読者賞を受賞した作品です。
江戸は吉原での遊女のお話。

安達祐実さん主演で映画化もされています。

 

花魁のお話なので作中に性描写があるので、好き嫌いは分かれるかもしれませんが、女性作家のためか、きれいで切なく描かれています。

何人かの遊女が出てきて、それぞれに違う個性がありみんな素敵なのですが、私は「朝霧」が好き。

情景や着物の柄さえもが・・・ふわぁ~っと浮かぶような見事な描写です。その美しい描写と、暗くてじめっとした遊郭の雰囲気が、あまりにも対照的で引き込まれます。

女性(子供)が売られるという衝撃的な時代。遊郭に売られてきた女たちは、年季が明けるまでは大門の外に出ることも許されない。好きな人と結ばれることも許されない。好きでもない男に抱かれながら・・・儚い夢を見る。

それでも女たちは生き抜くために耐えて、耐えて、強く生きようとする。 

こういう話を突き付けられると、ちょっとやそっとのことで「辛い」なんて言ってはいけないのかもしれない・・・と思うと共に、華奢で消えそうな遊女たちの中にある、凛とした姿に「女の強さ」を見せつけられたような気がして、私の中の僅かな強さを奮い立たされました。

短編集になっているんだけど、それぞれがリンクしていて、読み進めるほどに登場人物を愛おしく思いました。

性と生。

美しく哀しい、胸が痛む・・・素敵な作品でした。(#宮木あや子)

* この本の感想を書きました *
この本に興味がある方へのおすすめ