わたし、シーズン2

読書が趣味の30代主婦。きままな読書感想文を中心に日常を綴っています。家族は、夫と娘と元保護犬の愛犬ミィ。

MENU
ベネッセのDM止める方法
おすすめスープジャー
歯医者さん
ブログカスタマイズカテゴリー

『ランチのアッコちゃん』おいしいものを誰かと食べる幸せ

f:id:egaode_kurasu:20210128093511p:plain

重たい本を読んだ後に読みたい1冊。

 

読むほどに心が弾んでくる魔法の四編。

 

読むとどんどん元気が出るビタミン小説です。 

ランチのアッコちゃん 感想

 出てくる食べ物がとってもおいしそう。

 

料理があまり得意ではない私は、毎日こんなお弁当食べたいな~っと思いました。

 

4つのお話が書かれていますが、私は1番最初と1番最後のお話が好きでした。

 

少し疲れていた時に読んだのですが、思いのほか元気が出ました!同じようにしんどいなーって思ってる人がいたらおすすめです。(さっくり気軽に読めるのもイイ。)

 

▼以下、少し内容についての記述があります。▼

 

最後のお話に出てくる主人公は、自由な女の子と元上司。元上司はワンマンで、そんな彼(の仕事のやり方)に耐えられず会社を辞めていく人が何人もいました。

 

そんな人たちを見て元上司は「歯を食いしばって耐えるということをなぜしない。逃げるやつらは大嫌いだ」と思うだけ。

 

そして、そんな彼は夫婦で不妊治療を頑張っていました。だけど、ある日奥さんが「2人で生きていくのもいいと思う」と言います。

 

きっと奥さんも、たくさん悩んで出した答えだったハズなのに...

 

彼は、辞めていった部下たちと同じように「なぜ逃げるんだ」と妻を責めて、2人の間には距離ができてしまいます。

 

その時に奥さんが言った「あなたって、結局、怖がりなのよ。自分にとって居心地の良い生き方を追求するのが怖いのよ。それは逃げじゃないのに。」という言葉が心に刺さりました。

 

人はみんな、自分に心地の良いように生きていい。

 

それは時に勇気がいることだけれども...自分の居心地のいいように生きる事を「逃げる」だなんて思わなくていいんです。


おいしいものを食べる。誰かと食べる。


たったそれだけだけのことが、人間にはとても大切なことなのかもしれません。(#柚木麻子)

* この本の感想を書きました *
この本に興味がある方へのおすすめ