わたし、シーズン2

読書が趣味の30代主婦。きままな読書感想文を中心に日常を綴っています。家族は、夫と娘と元保護犬の愛犬ミィ。

MENU
ベネッセのDM止める方法
おすすめスープジャー
歯医者さん
ブログカスタマイズカテゴリー

『小さいおじさん』第十五回ボイルドエッグズ新人賞受賞作

f:id:egaode_kurasu:20210227133016p:plain

第15回ボイルドエッグズ新人賞受賞。

 

題名から、勝手にほんわかしたファンタジーなのかと思ったのですが、実際は28歳の女性3人のお話です。

小さいおじさん 感想

中学二年のときに同じクラスだった、28歳の女性三人。

 

3人は中学校の同窓会で再会するんだけど、あの時とは違うそれぞれの人生を歩んでいる。

 

三十路を前に、仕事、家族、育児、将来などにそれぞれ不安を感じながら生きる日常に”小さいおじさん”がすこ~しだけ絡んでるお語です。


ママ友が出来ないと思い悩む、素直な紀子。

 

中学時代は憧れられる存在だったけど現在は、無職の朋美。

 

そして、母とのしこりを抱えながら、設計士としてバリバリ働く曜子。


みんなそれぞれに幸せになってほしいなって思いました。

 

思い返せば、私は25歳~35歳くらいが凄く生きづらい...というか、どうしたらいいか分からなかった。

 

若い頃のような勢いや思い切りはないし、かといって誇れるものもない。

 

なので自信もない。

 

自分以外の人がなんだか満たされているように見えて、自分だけが時間に取り残されているような・・・そんな風に思っていた。

 

だけど、それって自分だけじゃなくて、程度の差はあれど....たくさんの人が思うことなのかもって思いました。

 

サクサクっと読める1冊です。(#尾崎英子)

 

* この本の感想を書きました *