わたし、シーズン2

読書が趣味の30代主婦。きままな読書感想文を中心に日常を綴っています。家族は、夫と娘と元保護犬の愛犬ミィ。

MENU
ベネッセのDM止める方法
おすすめスープジャー
歯医者さん
ブログカスタマイズカテゴリー

『プーと大人になった僕』大切なものを大切にできていない自分は迷子

f:id:egaode_kurasu:20210128103045p:plain

みなさんは”プーさん”のことをどれくらい知っていますか?

 

私は、あまりにも有名なキャラなので、なんか知ってる気になっていました。

 

「夢の国にいる黄色いクマさん」くらいの認識。

 

しかし!この映画を観て、全然プーの魅力を知らないんだと再確認。

 

プーとその仲間たちってこんなにカワイイんだと、終始キュンキュンしました。

 


ストーリーは、大人になったクリストファー・ロビンが、プーと奇跡的な再会を果たしたことをきっかけに、忘れてしまっていた大切なものを思い出していく姿を描くという、まぁありがちなお話。

 

...なのですが

 

大人になり、日々に追われ変わってしまったクリストファーロビンの気持ちも、その姿も痛いほどよく分かる。

 

そして、変わらないプーとその仲間たちに、心揺さぶられる。

 

疲れている人ほど、泣いてしまう映画かもしれません。

 


クリストファーロビンは、仕事に追われて家族との時間も取れず、大切なものを大切にできていない自分を「迷子」だと言います。

 

その気持ち、とても分かる。

 

だけど、長い人生だもの。

 

少々迷子になったっていいんだと私は思います。迷子になっても、出口は必ず見えるから。


疲れた時、癒されたい時にもおすすめの映画です。

 

* この映画の感想を書きました *