わたし、シーズン2

読書が趣味の30代主婦。きままな読書感想文を中心に日常を綴っています。家族は、夫と娘と元保護犬の愛犬ミィ。

MENU
ベネッセのDM止める方法
おすすめスープジャー
歯医者さん
ブログカスタマイズカテゴリー

『宝くじで1億円当たった人の末路』とりあえず首をポキポキ鳴らすのはやめましょう!

f:id:egaode_kurasu:20210127191725p:plain

本屋さんでたまたま見つけて、タイトル買い。

 

「経験者が語る」系かなと勝手に思っていたのですが、その道の専門家がその方の視点で語っていきます。

 

個人的な感想としては・・・スキマ時間にパラパラ~っと読むって感じの本です。

 

当事者の話がもっと載っていたらいいのにな~と思いました。 

 

ただ!!

 

「友達ゼロの人の末路」はとても共感し、勇気をもらいました。

 

学生、社会人の若いころは、私もそれなりに広く楽しく人付き合いもしていました。

 

その後結婚・出産後復職し、バリバリのワーキングマザーになってからは、とにかく忙しく人付き合いがめんどくさくなり、プライベートでは必要最小限の人間関係しか築いてきませんでした。

 

なのでママ友や子供関係の繋がりや近所付き合いもなし。

 

わたし自身のごくごく親しい友人が2人ほどいるだけです。

 

もちろん自分が選び望んだことでしたが...特に子供が小さいときは、ママ友が多いというのはヒエラルキーの頂点。

 

ママ友ゼロの私はそのヒエラルキーの最下層で、見えない存在...みたいな扱いのこともありました。

 

それでも、私は無理して群れることがはせずここまできました。

 

”ママ友”も”過度な近所付き合い”もなく子育てする中で、

 

「孤独は悪い事なのか?」

 

「友達が少ないのはダメなことなのか?」

 

「無理してでも人と群れた方がいいのか?」という不安に思う事もありましたが...

 

”誰かと絶えずくっつくことで安心感を獲得し、そうでない人間を排除しようとする人たちこそ、よっぽど問題だ”

 

”群れる相手の数が増えるほど、「自分にはそれだけ価値がある」という根拠なき自信を持つようになる。群れるとは不安を打ち消すとても便利な道具”

 

”孤独を愛する人は、人生を充実させる上で強烈なアドバンテージを持っていると言っていい。”

 

そんな言葉で、群れることが苦手な自分を肯定し、無理なんてしなくていい。

 

そのままの自分でいいと思えました。


その他の章は、そだね~とか、え~それはちょっと極端じゃない?とか思いつつも全体的に読みやすくパラパラ進めた本でした。 

 

同調圧力をぶっ飛ばせ!人と違ってたっていいじゃない!そんなメッセージがこもった本です。 

 

あ!あと首をポキポキ鳴らすのはやめましょう!(#鈴木信行)

 

* この本の感想を書きました *