わたし、シーズン2

読書が趣味の30代主婦。きままな読書感想文を中心に日常を綴っています。家族は、夫と娘と元保護犬の愛犬ミィ。

MENU
ベネッセのDM止める方法
おすすめスープジャー
歯医者さん
ブログカスタマイズカテゴリー

『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』ちょいちょい入ってくる哀愁ある表現がとても好きです

f:id:egaode_kurasu:20210127190801p:plain

以前、別の若林正恭さんの本を読みました。

 

 

「社会人大学人見知り学部卒業見込み」を読む前、私は彼を「根暗でネガティブな私と一緒」だと思っていました。

 

でも、読後なんだか裏切られたような気持と同時にとても勇気づけられました。

 

今回もまったく同じ気持ち。

 

簡単に言ってしまえば、若林さんがキューバに一人旅に行った際の”旅日記”なのですが、視点が面白いしちょいちょい入ってくる哀愁ある表現がとても好きです。

そして、なぜか最後涙が出そうになりました。

 

途中、中二病全開で(そこもいい所なのよ)おいおい、若林さん・・・かっこつけすぎじゃぁありませんか・・・?なんて思っていたはずなのに。


看板がない街、好きなものを好きだと言ってクスッっとされない街・・・泣きたいときに泣ける街、キューバ。風景が目に浮かぶようでした。

 

余談ですが・・・

 

今回の本を読んでいても、番組などを見ていても、最近若林さんなんだか変わったなーと、ちょっぴり淋しく思っていたのですが、なんと熱愛報道が!

 

私の寂しさは、素敵な恋をしていたからなのかもしれません。(#若林正恭)

 

* この本の感想を書きました *