わたし、シーズン2

読書が趣味の30代主婦。きままな読書感想文を中心に日常を綴っています。家族は、夫と娘と元保護犬の愛犬ミィ。

MENU
ベネッセのDM止める方法
おすすめスープジャー
歯医者さん
ブログカスタマイズカテゴリー

1年ぶりに歯医者さんへ!褒めてもらったことと、アドバイスされたこと

f:id:egaode_kurasu:20210310161832p:plain

1年ぶりに歯医者さんへ行ってきました。(偶然ですが、本当にぴったり1年ぶり!)

いつもは半年に1度検診に行くのですが、昨年はコロナで巣ごもり状態だったので、久しぶりの歯科検診&クリーニングになりました。

現在通っている歯医者さんは、もう15年のお付き合いになります。

治療の場合でも、可能な限りは1度の通院で対応してくれます。私の埋まっていた親知らずもきれいに抜いてくれました。

受付の子もずーっと同じで、歯科衛生士さんも長い人が多い。先生は超絶優しい...そんな歯医者さんです。

アラフォーになったら、フロス&歯間ブラシもお手入れに加える 

凄く口腔内のお手入れに気を使っているわけではないのですが、いつも「虫歯もないし、きれいにお手入れできてますよ~」と褒めてくれて、なんだかとっても嬉しくなります。

今日も、虫歯もなくクリーニングもらって終了。しかし、歯科衛生士さんにも、先生にも同じことを言われました。

「虫歯もないし、きれいにお手入れできてるんですけど...もうそろそろ歯茎のケアをしっかりしたほうがいいですね~。」

とのこと。今現在、歯茎からの出血もないし、歯周病や歯槽膿漏にはなっていないそうですが...まぁ「そういうお年頃」ということですね。

現在、私は歯磨き後にフロスを使っています。高校生の娘はこちらのフロスを使っています。

本当は私もこのリール式のフロスを使えばエコで、経済的でなのでいいのですが...どうしても使いにくくて、こちらを使っています。

 

今後は、このフロスにプラスして、夜の歯磨き時だけでいいので、歯間ブラシ(ssssサイズ)を使うことをお勧めされました。

 

今まで、歯間ブラシって痛そうで怖かったのですが、歯医者さんで実際に使ってもらって、まったく痛くなかったので使っていきたいと思います。

歯茎の健康のためには、歯茎マッサージを!

今回、初めて歯茎のマッサージもして頂きました。手袋をしているとはいえ、人に歯茎をマッサージされるのは、なんとも不思議な感じでした。(ちょっと気持ちよかった!)こちらも、週に2回くらいセルフケアていきたいです。

systema.lion.co.jp

マッサージは爪を切り、手をしっかり洗ってジェルを使い、指の腹で優しく行います。(ジェルはなくても大丈夫です。)

主に人差し指の腹を使ってマッサージをしていきます。

歯茎の表面を小さく丸を描くようにクルクルと動かしていきます。 そのあと、歯ぐき全体をゆっくりとなぞっていきます。

ネットで調べると、歯医者さんのサイトやYoutubeで色々載っています。でも、最初はあまり深く考えず、自分が気持ちがいいようにするのがいいのかな?と思います。

我が家のオーラルケア愛用品

最後に、我が家で使っているオーラルケア用品を紹介します。

■歯ブラシ(柔らかめがポイントです!)

 

■歯磨き粉(夜以外はこちら。やはり人と会う前などはしっかりミント系のもので磨きたいのでこちらを使っています。辛すぎないのがGOOD!)

 

■歯磨き粉(夜はこれ。泡立たないので慣れるまでは、少し物足りない感じがしますが慣れると逆にスッキリ。歯茎マッサージにも使えます。)

 

■マウスウォッシュ(刺激のあるものが苦手なのでこちらを使っています。以前、リ〇テリンを使ってみたら、ガソリンかよ?!という凄い刺激に驚きました。(あくまでも個人的感想。好きな人はあれじゃないと物足りないって言ってました。)歯医者さんでも使っています。)

 

これに、最初に書いたフロスと歯間ブラシを使っています。

こう見たら、結構気を使ってケアしている方なのかな?と思ったりしました。 小さい頃から母親に「目と歯は大事にしなさい!」と言われていたので、気を使っていないようでもケアしていたのかもしれません。

 

そして、最後に!我が家では毎月1日を「歯ブラシ交換デー」としています。家族3人、歯ブラシの開き具合は違うけど、それでも毎月1日に交換します。(古い歯ブラシは掃除で使用)

衛生面も気になるし、メーカー推奨の歯ブラシの寿命はだいたい1か月。まだ開ききっていなくても、歯の隙間にしっかりと入らないようになってきます。

なので、ぜひ1か月に1回程度の交換をお勧めします。

 

一度抜けてしまうと、交換できない「自分の歯」

なるべく多くの自分の歯で、年を重ねていけるようこれからもしっかりとケアしていきたいです♪